ひと夏の恋についての調査結果

皆さんは、ひと夏の恋と聞くとどんなイメージですか?
男性にとっては、すごく都合の良い響きですよね?(笑)

リゾート地でナンパして、その日一緒に飲んで、そのまま体の関係になり、連絡先すら交換せず、本名も知らずバイバイみたいな感じをイメージしますか?

海でのナンパとか、若者、学生ならともかく、一定年齢になると難しいですよね。

ただ、多くの女性が、ひと夏の恋に対して肯定的なので、そこに乗っかっていかないのはもったいないですよね?
PCMAXのような出会い系でも夏は女性がよりアクティブになっている感じはします。

yahooのネタりかに、夏の恋に関する調査結果が記事になっていました。
マイナビウーマンの記事のようです。

夏の恋は燃える恋!?
「ひと夏の恋の経験」がある女性は39.4%
ttp://netallica.yahoo.co.jp/news/20140814-03439561-mynaviw
エイチームは、運営する女性向け体調管理アプリサイト「ラルーン」で、「ひと夏の恋の経験」についてのアンケートを実施し調査結果を公開した。
夏は旅行をしたり、海へ行ったり、イベントも多く開放的な気持ちになりやすい季節。ラルーンでは、人にはなかなか聞けない「ひと夏の恋の経験」について、会員対象に調査を行った。

サンプル数は2,338名ということで、なかなかの調査だと思います。

男性が持っている勝手なイメージって、ひと夏の恋に応じる女の子は限られていて、クラスでいうと明らかに軽い1人~2人。10人いたら1人ぐらいの割合だと思っていませんか?

このアンケート結果では、「ひと夏の恋の経験がある」と答えた子が約4割。
10人いたら4人もいます。
多くないですか?
男性側のストライクゾーンが広くても、それでも厳しい子が10人いたら1人~2人はいるでしょうから、普通に恋愛の対象となる子の約半分は、ひと夏の恋の経験者です。

また経験がない人にしてみたいか聞いた質問に対しても、53.8%が経験してみたい、と答えています。
この数字までを入れると、対象となる子の7割~8割ぐらいは、応じる可能性があるということ。

でも多くの女性は海でのナンパとかついていかないでしょうし、女性グループで海に出かける子も限られているでしょう。

しかし、多くの女性はひと夏の恋を、してみてもいいかなーと思っているのです。

PCMAXのような出会い系も、夏は女性登録者が増えます。

これはもう夏の出会いを求めているわけです。

花火だったり、海だったり、開放的になるイベントも多いですし、そもそも薄着な時期ですし、なんとなく異性を求めるモードになる子も多いのでしょう。

30を超えた男性にとって、海でナンパできる人は限られているでしょうし、ある意味痛いと見られます。
しかし、ネットでの出会いは、ぜんぜんOK。むしろ30代、40代男性が主力ですし、多くの女性は若い女性も含めて、そういう年代の男性を求めています。

女性の気分が解放的になっている夏の時期。女の子と遊びたいなーと思っている男性が、やらない理由はありません。

もうお盆になってしまいましたが、まだまだ夏です。
暑いですよね?

海、プールも間に合いますし、花火大会もまだ開催されます。

若い子を遊びに連れて行くもよし、夏の間に新鮮な出会いを求めている人妻と出会うもよし。

彼女がいない男性であれば、なおさら夏の時期を有意義に過ごしましょう。

いつもは割とガードが固い女性も、この時期は他の季節よりは確実にゆるくなります。

他の季節なら、「やり捨て」みたいな行動が、「ひと夏の恋」みたいに美化されているわけですからね(笑)

ただやるだけ、みたいなのって女の子もプライドがあるんで、抵抗あるわけです。

それがひと夏の恋、のように良いイメージの単語にすりかえるだけで、応じてくれる可能性がぐっと上がるわけです。

あなたもPCMAXでひと夏の恋を!

サクラゼロの出会い系
PCMAX無料登録はこちら

追記 2014.8.25
もう夏も終わりますが、行動する、とガッつくは違うのでご注意を。
結局しつこく、しかもあせった感じがする男性は確実にモテません。
あんまり女性に相手にされていない、というのが出てしまうのでしょうね。

それよりは、さっと行動しましょう。
ダメなら1人、1組に固執しすぎない。
ストーカーになりそう、と警戒されれば、ひと夏の恋の相手としても失格になってしまいます。

熱意があれば口説き落とせる!みたいな信念の人もたまに見かけますが、リスクが高すぎます。
それよりも、多数の女性とさらっと接し、心身ともに余裕のある状態で、新規の女性を探すほうが、はるかにモテます。

あせらない、がっつかない、しつこくしない。

押すところは押す、でも引くところは引く、と要所を押さえましょう!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ